法律の制限が気になる人は銀行カードローンがおすすめです

資金がどうしても必要な理由があるときには、金融業者が行っているカードローンを使うことを検討する人が多いと思います。カードローンは銀行が提供しているものと、消費者金融が行っているものとでは違いがあります。消費者金融の場合には貸金業法という法律に基づいて融資が行われていますので、年収3分の1以上の貸付が行えないという総量規制が適用されます。そのために利用者自身が収入を得ていないときなどは、消費者金融のカードローンは使うことができません。
一方で、銀行のカードローンは銀行法に基づく融資サービスに該当していますので、法律的な制限は設けられていないために、総量規制は適用されません。従って、年収のことを気にすることなく融資を受けたいときには、法律の制限が無い銀行カードローンを選択することがおすすめとなります。銀行カードローンの種類の中には、すでに他の金融業者から借り入れをしている人を対象としているサービスも行われており、複数の融資先を1つにローンをまとめるするおまとめローンや、高金利の融資先から借り換えをするローンなどの商品を用意しているところもあります。大手銀行が融資サービスを運営していることも多く、知名度の高い金融機関のサービスとして信頼性が高い点もメリットと言えます。